Lucy

Shelf2018Graduation work

Hi, I‘m Lucy. I‘m feeling really good.

Photographer: Odake Yoshiki

よく「重いものは置けないね」と言われる。「ふざけんな!」と思う。これはそもそも鉄が歪むほど重いものをわざわざ置くための場所ではない。Lucyは水色の鉄に囲まれた硬い空間と、緑色のゴムに囲まれた柔らかい空間で構成されている。そのためLucyの内部あるいは外部は様々な形に変化する。若干の機能とともにゴムの厚みによる曲線はどことなく様になり、人格をもっているようである。そして置き方を考えればいくつもの形をつくることができる。これは空間の内部と外部の関係をただ可視化しようと試みた結果うまれたものである。

Every time someone tells me “This doesn’t look stable to sustain a heavy load.”, I secretly scorn “Are you kidding me?” It is not designed to support heavy stuff which can deform metal in the first place. Lucy is composed of two parts—— a solid area made by sheet iron painted in blue and a soft area made by rubber painted in green. Accordingly, either the inside or outside of Lucy can be playfully manipulated into difference shapes. Not to mention several functions, for somehow the thick rubber can create shapes out of curve lines which humor lurking inside. Lucy is the outcome of the experiment on how to visualize positive and negative spaces. There’s no intension to design the final product into a piece of furniture from the beginning. If I have to say, only the color is intendedly designed, other than that Lucy is purely a space.

物と空間の関係性を探求した上に生まれた、一枚の曲げた鉄板と柔軟なゴムシートの組み合わせによるシンプルな造形である。空間の中に存在する「物」の内側と外側、そしてそこに生まれる境界、非常に難しいテーマを独自の切り口で極めて簡潔に作品表現している。ゴムシートの形状を変形させることにより境界は優雅に変化する。そのフォルムはあくまでも優しく、ユーモラスでもある。家具の形を借りる事により、最小限の機能性を持たせてはいるが、表現しようとするものは、表層的な有様を超えた不可視なものである。終わりがないかのように見えた試行錯誤の末に生まれた、空間の概念に切り込む秀逸な作品である。

—Yamanaka Kazuhiro